子宮内膜症の治療方法

子宮内膜症は発生の原因が不明で、これをすれば絶対という治療方法もありません。
治療方法の選択肢はいくつかありますが、閉経までの長い時間付き合っていく可能性が高い病気である事、妊娠出産と大きな関係がある事、薬物治療の副作用などを良く把握した上で、自分の病状を良く確認して治療方法を選んでください。
また子宮内膜症は良性の病気なので、不妊治療を希望しておらず、痛みなどの自覚症状がない、病気が進行している事が無い事が判明したら必ずしも治療の必要が無い事も知ってください。
薬物治療
鎮痛剤
痛みを緩和させるだけの対処療法で、痛みが治まったから病状が良くなる訳では当然ありません。
痛みが酷くなると効き目が出にくくなるので、痛み出しそうだと思った時に服用してください。
鎮痛剤は痛みを緩和する役目しかないですし、常習していると効果が薄れてくる事や何らかの副作用も考えられますので、鎮痛剤が効かなくなった・服用している期間が長くなってきたら、本格的な治療を始める事をお勧めします。
ピル
避妊薬として有名な“ピル”ですが、排卵・子宮内膜の増殖を押さえる事から子宮内膜症の進行を抑える・病巣の委縮を期待する薬として処方されています。
1999年に低用量ピルが避妊薬として認証されてから、ダナゾール・GnRHアゴニスト系の治療薬と違って長期に渡って服用できる・副作用が少ない・保険が適用されなくても他の治療薬と比べて低価格であることから、
広がりつつある治療方法です。
ただしピルは子宮内膜症自体を治す訳ではなく、子宮内膜を全く増殖させない訳でもないので軽い月経は続きます(消退出血)
この為、子宮内膜症が徐々に進行していく人、消退出血時に痛みがある人もいます。
消退出血時の痛みが我慢できなくなった人は、ホルモンバランスが1シート全て同じバランスの“一相性ピル”を服用し続ける期間を3週間以上にして休薬期を先送りする、休薬間無しで服用し続けるなど使用方法をアレンジするか、手術を検討してください。
(偽妊娠治療法)
ダナゾール(市販薬名・ボンゾール)
男性ホルモン誘導体の子宮内膜症治療薬(飲み薬)です。
直接病巣に働きかける唯一の製剤で、生理を止め病巣を小さくするだけでなく、病巣に直接働きかけて萎縮させる作用もありすます。

強い副作用があるので服用期間は4〜6ヶ月間となっていますが、使用量を減らしたり膣座薬にすると長期間の使用が可能になります。
GnRHアゴニスト(偽閉経療法)
脳下垂体に作用して、卵胞の発育が起こらないようにして“低エストロゲン状態”(閉経と同じような状態)にし、子宮内膜の増殖を起こさないようにする治療方法です。
液体を鼻孔に一日2〜3回噴霧させるタイプ=スプレキュア、ナサニール
4週間毎に注射する=スプレキュアMP、リュープリン(1,88、3,75)、ゾラテックス
(スプレキュアMPとリュープリンはマイクロカプセルに入っている溶液が、少しずつカプセルから出てくる事で4週間効果が続き
 ゾラテックスは半固形の薬を挿入させます)
ホルモンバランスを更年期と同じような状態にして病巣を委縮させる治療方法なので、副作用として更年期障害様の副作用が出ます。
*アドバック療法
GnRHアゴニスト治療の副作用“更年期障害”様の症状が日常生活に支障があるくらい酷くなったような時、不足している女性ホルモン“エストロゲン”を補足して副作用を最小限に抑える療法です。
*術前GnRHアゴニスト療法
子宮内膜症の手術前(特に腹腔鏡下手術)にGnRHアゴニスト系の治療薬を投与して、病巣を小さく・癒着面を少なくし、剥がれ易くさせます。
病巣の状態や医師によっては、周囲に散らばっていると予測される小さな病巣を見逃す事も考えられるので、処方されない事もあります。
*低用量療法
スプレキュアなら一日3回の噴霧を2回に
ダナゾールの一日の服用量を400mgから200〜100mgに減らして、副作用を少なく長期間に渡って使用できるようにした治療方法です。
ちょっと一休み
My Favorite Flowers『第一園芸』
アウトレット商品販売開始・・・田崎真珠


外科的治療方法(手術など)
保存手術妊娠の可能性を残すため病巣のみを取り除きます。
アルコール固定(エタノール固定術)
卵巣チョコレート嚢胞の内容物を経膣・腹腔鏡で吸引して除き、その後に医療用アルコール(エタノール)を満たして子宮内膜症の組織を破壊させる方法(アルコールは最後に抜き取る)です。
経膣で行った場合傷跡が残らない、体への負担が非常に少ないというメリットがある反面、組織検査が出来ない為確定診断ができない、癌との区別が付かない、半数くらいの人は治療後数ヶ月で再発してしまう、アルコールがもれて強い癒着を引き起こす危険性がある、アルコールに弱い体質の人は急性アルコール中毒になる事もある…などのデメリットもあります。
こういったデメリットの説明がないまま勧められた場合は、他の医療機関の意見も聞いてください。
*アルコール固定は“卵巣チョコレート嚢胞”のみに有効ですから、病巣の周囲や腹膜などに散らばった小さな病巣まで取り除く事は出来ません。
腹腔鏡下手術(ラパロスコピー略してラパロ)
お臍の下を切開して直径10ミリ程度のカメラ(腹腔鏡)を差し入れ、他にも腹部を2〜3箇所、直径5〜8ミリの小さな穴をあけ、鉗子やレーザーメスなどの用具を入れて、腹腔内の様子をモニター映しながら遠隔操作で手術する方法です。
(お腹の中がよく見えるように二酸化炭素を注入して膨らませます)
傷が小さい、体への負担が少なく(手術翌日には歩けるようになります)入院期間が短期で済む、病巣がモニターに拡大して映されるので小さな病変まで取り除くことができる。(そのため患者が微動もしないよう全身麻酔が用いられる)術後の癒着が最小限に押さえられるなど大きなメリットがありますが、医療者によって手術の成果に大きな差がでる手術でもあります。
開腹手術
病巣がカメラで確認・観察できない位置にある、病巣の状態が腹腔鏡下手術では技術的に無理がある場合は、腹腔鏡下手術ではなく開腹手術になります。
全身麻酔、又は半身麻酔
腹腔鏡下手術と比べ、子宮・卵巣・卵管など腹腔内全体が広範囲にチェックが出来、強度な癒着も丁寧に剥がすことが可能になってきます。
*手術をしても切除しきれない小さな病巣が残る場合が当然考えられます*
 妊娠を希望していない場合は、手術後4〜6ヶ月のホルモン治療でこれらの内膜症を消滅させる場合もあります


参考文献
“生殖医療の全て”(堤 治)/丸善ライブラリー
専門のお医者さんが語るQ&A“子宮内膜症”(杉並 洋)/保険同人社
専門のお医者さんが語るQ&A“月経異常”(楠原 浩二)/保険同人社
絵で分かる“女性の医学”(中村 理恵子)/西東社
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
探したい本の“キーワード”を記入して
“GO”をクリックしてね